TDA BLOG

TryHard DJ Academy ブログ

SLUSHIIに直撃インタビュー!!!

2019/09/20

 

TryHard DJ Academyに来校!

スラッシーに直撃インタビュー!!

9/14の大阪公演の前日に、スラッシーがTDAへ遊びに来てくれました!!

日本のアニメやお菓子が好きと聞いていたので、駄菓子をプレゼント♪
海外のDJさんの間でも日本のお菓子は人気だそうです。

今回は講師の久保田コージ/FUMI/Yuichi 先生の3人でインタビューを開催!

日本には何回も来日されているけど、日本の印象は??

S:第一印象?それとも今の印象?

A:両方で!

S:第一印象は、「色んなところがアニメだらけだ!」って印象かな。
今は結構日本について色々知れてる!って感じ。

最初はアニメの事ばっかりだったけど、今はアニメ以外にも食事や色んな文化もわかるようになったから、大好きで、リスペクトしている国の一つだよ。

昨日は東京にいたと聞いたけど、何をして過ごしていたの?

S:秋葉原行って、まんだらけ行って、お寿司いっぱい食べて、とにかく歩いたかな。普段はタクシーやハイヤーで全然歩かないけど日本は数少ない歩いてても飽きない街の一つなんだ。

A:歩きまわってなにか新しい発見はあった?

S:「うずまき」っていう伊藤潤二さんの漫画を買ったよ。

ワンピースのキャラクター診断でスラッシーがどのキャラクターになるかやって欲しいんだけど??

<診断結果> 白ひげ(エドワード・ニューゲート)でした!

※ 質問内容が長いので気になる方は是非⬇︎⬇︎

ワンピースのキャラクター診断

DJ名の由来について、寿司とかわいいが融合した説や、スラッシーというドリンクからきた説など、色々な説があるけど本当の由来は??

S:僕はもともと、寿司が大好きすぎてDJ SUSHIになりたかったんだ。
でも、グーグルで検索したらDJ SUSHIがいっぱいでてきて断念したんだ。


それでSUSHIを何回も唱えてたら「するっしー」って言っちゃって、そしたら、「スラッシー?」ってなって、スラッシーはシェイブアイスですごくカラフルでかわいいからいいなと思ってそれにして、とりあえず書いてみようって、書いたら、「SLASHIE」ってなるんだけど、今の名前とは違う表記でしょ。それに日本語のかわいいって言葉がすごく好きで、英語表記したら後ろにiが二つあるのを融合させて「SLUSHII」って名前にしたんだ。


S:実は、日本で名前の由来を初めてちゃんと説明出来たからすごく嬉しい!海外で聞かれる事はあったけど、「かわいい」の説明からしないといけなかったり、その良さを分かってもらえなかったりしてたけど、日本はわかってもらえるからやっと言えて嬉しいよ!

マスコットキャラクターは、ドリンクからインスパイアされているの?

S:このキャラクラーは元々、遊戯王のスラッシーっていうキャラクターからインスパイアされて作ったんだ。

 

DJを始めようと思ったキッカケは?何歳から始めたの?

S:作曲は12歳からやってて、DJだけだと18歳からで、3年半くらいかな。

作曲にも色んな方法があるけど、12歳で作曲を始めた時はどんな方法で始めたの?

S:技術的にはガレージバンドだけど、最初に使ったのは”トラクション”っていうソフトフェアなんだ。そのソフトはお母さんの友達がDJでたまたまCDの箱のなかにそのソフトがあるのを見つけて、それを借りて始めたんだ。その頃はインターネットもなくて、全部パソコンとギターを使って独学で勉強したんだ。

その頃最も影響されたアーティストは?

S:スクリレックス
だから、2016年にスクリレックスとマシュメロと3人で中国でプレイした時は信じられないって感じだったよ。しかも、B2Bでね。

観客を盛り上げるコツは?

S:どのショーでもコール&レスポンスをやる。特に観客が疲れてきたなぁと思ったらコール&レスポンスを入れてオーディエンスのエンジンかけるんだ。シャウトというより会話ってイメージ。

選曲で気にかけている事は?

S:3年前はお客さんが好きな曲や流行りの曲をかけてたけど、今、3年前の自分にアドバイスできるなら、「自分のやりたいようにやれ」って言う。観客は同じ曲を聞きに来てるんじゃなくて新しい曲を聞きに来てる。だから自分のスタイルを貫いて、自分の曲と自分の大好きな曲をかける。

例えば、アメリカでプレイするときに、日本の曲のリミックスをかけたりする。もちろん観客が誰も理解しないのをわかっていても流れに合っていればかける。

自分の曲は最初にかける派?それとも後半にかける派?

S:最初の方にかける派だけど、たまにずっとダブステップをかけたりするDJもいるけど、必ずヘビーな曲は緩やかな曲の間に入れたりするようにしてる。だからずっとハードコアじゃなくて、緩急を意識してプレイしてる。イメージ的にはローラコースターみたいな感じ。

Tomorrowlandみたいな大きなフェスではセットを組んだりする?

S:大きなフェスでもセットは組まないし、ルームメイトの彼と大きなフェスは一緒にいくんだけど、5分前までこの後寿司食べに行きたいねって他愛もない話をしてからステージに立ったりするよ。そっから気持ちでさっと作っちゃう感じかな。

どういう風に曲をつくるの?

S:キーボードとかギターの音とか、ドラムのスティックをたたいた音の周波をコピーして、そっから音をストレッチして変化させていく。今はこの方法でしか制作してないんだ。音から全部オリジナルで楽曲を作ってるし、速いときは5分で出来たりする。直感で一気に作るんだ。「Where I’m at」っていうわりとメインで使ってたりする楽曲があるんだけど、その曲を作ってるときに、たまたま彼が帰ってきて、ちょっとこのワード叫んでよってお願いして録音したやつを編集して使ったりしてる。だからあの曲のドロップ前の曲は彼の声だよ笑

スラッシーみたいに音から作るのが難しいDTMを習い始めの生徒さんにアドバイスは?

S:DTMのソフトに対する色んな意見があると思うけど、とにかく試して自分に合うものを見つけることが大事だし、見つけた時はその直感を信じる事。
僕はFL studioを最初使ってたけど、Cubase、リーズン、Logic、Abletonって感じで試して、今はAbletonを使ってるよ。ちょうど今作ってる曲がクレイジーでVocal edittingのしやすさでAbletonを使ってる。もちろん、使ってたらFL studioのこの機能が欲しい!ってなったりもするけどね。

大阪、東京公演を終えた後はラスベガスでのプレイ予定など、

世界中を飛び回るスラッシーの今後の活躍が楽しみです!!

FREE LESSON

無料体験レッスン
まずは無料体験レッスンでDJの楽しさを感じてみて下さい!
「いきなりDJなんてハードル高いなぁ…」とお悩みの方も、 TryHard DJ Academy独自の無料体験レッスンを機に DJの面白さを実感して頂けるはずです。
お気軽に予約・お問合せ、お待ちしております!

プロDJ募集

- WANTED -
  • 給与月給18万以上(能力に応じて優遇)
  • 年齢18歳以上の男女(高校生不可)
  • 勤務地大阪 / 京都 / 神戸 / 名古屋 / 北海道
  • 資格経験者のみ(選考時に審査がございます)
  • 福利厚生各種保険完備
関西を中心に全国16店舗のナイトクラブがあなたを待っている!! あなたのセンスを活かしたお仕事にチャレンジしてみませんか? 詳細はお気軽にお問合せ下さい。